子供の進学と学資保険の必要性について

子供の成長につれて、教育費は上がっていきます。現代では以前よりもその教育費用が高額になってきています。大学まで進学した場合には、すべてを私学で構成した場合には、3000から4000万円、大学まですべて国公立でも1500万円は最低限度必要と言われています。教育費は何も学校に支払うお金だけではなく、その進級していくことに付随して塾や教材などの関連してくるものはすべて含まれていくので高額になるのは当然です。
こうした教育費の補完に必要なのが保険です。学資保険は、子供の成長に合わせて早い段階から掛けておいて損のない保険といえます。
まず学資保険はその保険内容で、進学の年齢に合わせたいわば積み立て預金のような側面をもつ貯蓄性の高いものです。その金利は一般の定期預金よりもいいのが普通です。それだけはなく、保険として機能も備えている面もあります。支払った保険料がほぼ全額貯金のような形を取りながら、子供の成長過程における病気やケガの補償に対応します。
そしてそればかりではなく学資保険は、契約者である親がもし重病や死亡などで保険料の支払できない場合には、その支払いを免除するだけではなく、満期になった際の割戻金も満額補償するところもありいざという時の安心も備えています。
このような貯蓄性の高いかつ契約者に有利な条項が多い保険は学資保険以外にはなく、掛け金も手頃なものから加入できるので進学のために備えとして加入したほうがいいです。